読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

S17鉢巻ガブリアス展開&6世代総括

S17お疲れ様でした。

現在のレート環境として2シーズンほど前から対面→サイクルへ移行した構築の増加が個人的には印象的でした。また耐久振りガルーラや耐久振りボルトロスの増加、初手に出し負けしにくいガルーラゲンガーを選出するプレイヤーが多く見られたことから相手のサイクルに付き合うことなく初手からアドバンテージを取ることにより逃げ切りの展開を狙う構築を目指しました。

f:id:xxCR7xx:20160913204719p:plain@拘り鉢巻

性格:意地っ張り

実数値:185-200-121-x-114-137

技構成:逆鱗 地震 炎の牙 ダブルチョップ

HB:192秘密+不意高乱耐え

HD:92れいB高乱耐え

S:耐久ボルトロス抜き

こちらがメガ枠を消費することなく相手のメガ枠と11以上を狙うことができる鉢巻ガブリアス。現環境のガルーラは耐久振りの秘密型か最速れいとうビーム型のどちらかが多かったため素早さを落とし耐久に振り分けることによりガルーラ対面でも行動回数を稼ぐことが可能となる。相手がクレセやカバに引いてきた場合はそのまま突破が可能となるようにAは振り切り。ガブリアス入りと多く対戦したがステロ展開以外のガブリアスは基本的に裏から出てくるため積極的に初手に出しアドバンテージを狙った。

f:id:xxCR7xx:20160913205510p:plain@ガルーラナイト

性格:意地っ張り

実数値:197-176-150-x-121-123

技構成:秘密の力 不意打ち グロウ 嚙み砕く

A:A+2秘密でHBクレセ2発、ガブ1発

HB:192秘密+200逆鱗耐え

HB:177猫+捨身耐え

初手のガブリアスがガルーラの秘密で麻痺を引いてしまいガルーラを生存されたまま突破された場合でもグロウパンチから展開していけるようにかなりBに割いたガルーラ。配分に関してはグロウパンチのタイミングでガルーラを切った行動をされても物理受けに引かれても両方に対応しながら安定してグロウパンチを打つことができるように秘密+裏から来るガブリアスの逆鱗耐えを確保。グロウパンチを前提としているため火力不足に感じる場面は無かった。勿論初手から出して硬さを活かしガルーラと殴り合うことも可能である。相手がガルーラに不利対面を取った場面でゲンガーに引いて鬼火を打つ動きが流行っていたためそれを咎める嚙み砕く。

f:id:xxCR7xx:20160913210149p:plain@命の珠

性格:意地っ張り

実数値:167-146-95-x-90-161

技構成:ブレバ フレドラ 剣舞 追い風

HB:200逆鱗最高乱数以外耐え

S:ミラー意識

ガルガブアローの選出を苦なく行えるように剣舞ファイアロー。偶発的な初手ガブミラーになった場合に引き先となることが可能となり、そこから鉢巻ガブリアスを展開していける追い風。ファイアローは数値に不安を感じるがパーティ全体の素早さをサポートしたりガルガブで相手を削り終盤のフィニッシャーになることができるのはファイアローしかいない。

f:id:xxCR7xx:20160913211111p:plain@カゴの実

性格:図太い

実数値:207-x-154-128-136-113

技構成:熱湯 瞑想 眠る 凍える風

HB:200逆鱗2耐え

S:S-1ガブリアス抜き

相手のガブリアスからの引き先になれるポケモン。配分は仮想敵をガブリアスとしているため最低限のBを確保し残りをCに振った。単純にC振りスイクンは腐りにくく無振りを想定した動きをしてくる相手に想定外のダメージを入れることが可能であったり、ガルーラやクレッフィの身がわりを確定で壊すことができるなど強さを感じる場面が多かった。凍える風はガルーラやガブリアスの素早さサポートに使ったり自身が展開していける。2対2になった場合に詰め要員として大きな勝ち筋になれる瞑想。スイクンの弊害が電気タイプの場合はガブリアスとサイクルを回すことによりサイクルの中でガブの火力を活かして押し切る。

f:id:xxCR7xx:20160913211646p:plain@オボンの実

性格:図太い

実数値:184-x-132-149-100-131

技構成:10万ボルト めざ氷 電磁波 気合玉

崩し性能はガルガブスイクンで十分なためガブリアスから展開しにくい構築相手に初手から繰り出していけるように対応範囲を広げたボルトロス。気合玉は相手のガルーラをこちらのガルーラのグロウパンチ圏内に押し込んだり、ボーマンダに後出しできるポケモンボルトロスしかいないためマンダマンムーに選出できるように使用する。図太いボルトロスはミラーで最も弱く最速70族抜きをするメリットが全く無いというのが持論のため余りの努力値は最も腐りにくいC振り。

f:id:xxCR7xx:20160913212146p:plain@ゲンガナイト

性格:臆病

実数値:159-x-101-191-121-200

技構成:シャドーボール 道連れ 身がわり 滅びの歌

ここまでの5体ではクチート入りに窮屈な立ち回りを要求されるため身がわり→道連れにより確実に11を取れるようにゲンガーを採用。ボルトロス等に引いてきた場合はシャドーボールを打つことによりガブリアスの炎の牙を一貫させることができる。それ以外にもガルーラと11を取ってスイクンで詰めれるような構築相手に選出したり、滅びの歌は個体数が増えていたヒードランポリゴン2に引いてきた場合に処理することができる。終盤に数が増えていたオニゴーリ入りの相手にも刺さる場面が多かった。

自身の中で強い構築が作れたと感じているが、命の珠ボルトロスやれいとうパンチガルーラなど選出段階で切っているポケモンも多いため願望プレイが多くなってしまうことが多いのが問題だった。その結果として安定して勝つレートよりもオフ向けのような構築になってしまったことが大きな反省点。

〜6世代総括〜

S2:1740 ゲンマリポリ2

S7:2035 カバルカイリュー

S8:2074 カバルカアロー

S9:2084 ガルクレセドラン

S10:2047 ガルガブボルト

S11:2051 俺が!メガボーマンダ

S12:2115 月下に舞う皇帝

S13:2084 復活のゲンマリポリ2

S14:2185 正統派対面構築零式

S15:2156 メガルカリオと歩む世界

S16:2024 カバリザゲッコウガ

S17:2088 鉢巻ガブリアス展開

オフ実績:第2回背伸びオフ優勝

長い間対戦ありがとうございました!!